外構、エクステリア、お庭の施工事例をご紹介。神戸市、明石市、三木市で実際に施工させてもらった施工事例です。−

  

外構、エクステリア、お庭のリフォーム施工事例リフォーム施工事例
外構のリフォームとお庭の施工事例集です。
3DCADを導入しておりますので、色つきの立体図で完成のイメージをあらかじめシミュレーションできます
デザインのご提案も立体図で見るから、とってもわかりやすく安心してお任せ頂けます。
3DCADってどんな感じ?詳しくはこちらをご覧下さい。

デザインをご検討の方はぜひ、こちらもご覧下さい。
新築外構の施工事例はこちらをご覧下さい。

トラディショナルな外構とガーデンルーム














 

 
<コメント>
新築の外構とリフォームの間のような施工事例です。お家を建てられて、3年間ほどはセットでついていた外構でお過ごし頂いておりましたが、当時は家の事で考える事がいっぱいでバタバタしてなかなかこだわって考えられなかったので、今回もう一度きれいにしようとご相談頂きました。新築時には内装で考える事が多くて、なかなか難しいかもしれませんね。

さて、今回はリクシルの暖蘭物語というガーデンルームと、おしゃれな木目調カーポート、トラディショナル(伝統的な雰囲気)をコンセプトにデザインさせて頂きました。
最初から取り入れたい事として、以前まではなかった扉を設置されたいとのことで、ショールームで見て頂いて、門扉もエルマージュをご選定頂いておりましたので、そこからイメージを膨らませていきました。私の考えたデザインと、お客様ご自身で考えて頂いたデザインを合わせて、まとめられた事、今回の成功につながったと思います。

奥行きがあまり長すぎると駐車場に車が入れなくなってしまうため今回はガーデンルームを加工して縮めて設置しました。
暖蘭物語は本来奥行きがもう少し長いサイズしかないのですが、緻密な計算と一流職人さんの技術で縮めて設置することができました。

高台なので、下からは強固な擁壁造で土台を作り、その上にしっかりとガーデンルームを固定して設置してあります。内装部分は湿気を取り、ニオイまで防ぐINAXのエコカラットで腰壁を仕上げてあります。腰壁の外からは雨水が浸入しないように防水までほどこしてあります。

最後に花壇周りですが、お花をお客様のお子様と一緒に植えてガーデニング体験をして頂きました。男の子と女の子とお二人いらっしゃるのですが、お二人とも楽しそうにお花植えをして頂けてよかったです。

土を触る体験を通して、植物の楽しさなど感じて頂けたらいいなと思います。





おしゃれなガーデンルームcocomaUと広い駐車場


























<Befor>



<コメント>
 とても広い敷地のお客様で、わんちゃんとの暮らし方を一生懸命に考えておられ、人間とわんちゃんが共生しながら、かつ来客時などには分離して暮らせる方法をとのことでご相談頂きました。
まずはガーデンルームのご提案からさせて頂きました。家の窓を開ければ、わんちゃんとの交流ができて、閉めればお互いに分離して暮らすこともできるお部屋としてとても最適です。
からですが、目隠しもしながら現在のベランダの下にガーデンルームをとのことで、雨漏りが心配でした。ベランダの下ぎりぎりいっぱいに設置ご希望でしたので、かつてから雨漏りしていたベランダに対して防水工事をして雨水を入らないようにしました。

目隠しのガーデンルームは横の窓をオールガラスにしながら、本来は透明ガラスしかないので、店舗用の目隠しフィルムを施して仕上げることですりガラス調に改造しております。
夜には星空が眺められるようにと、屋根材はクリア(透明)をご選択。
ガーデンルームの床はあたたかいウッドデッキ、その隣にあるタイルのテラスは、わんちゃんのトイレ場。ミニチュアダックス君と、ゴールデンレトリバー君の2名なので、フェンスは強度の強い鋳物フェンスにを採用。
ダックス君は細くてフェンスの隙間を通って抜けてしまうので、ドッグポールというリーッドフックも設置しました。
タイル材はわんちゃんがトイレをこぼしても水で簡単に洗い流せるように、INAXのマイクロガードフロアを採用しました。

さて、その次が大きな駐車場です。
今まで土の状態に砂利だけを敷いて使って頂いていましたが、長年の車の出入りで土地がえぐれ、地盤の低い所にお水がたまるという困った状態でした。

一見ただのコンクリートのように見えますが、広くなると雨水の処理が大変です。しっかりと計算して設計しないとゲリア豪雨などの時に雨水が溢れて大変なことになってしまいます。(マニアックなお話ですが、雨の計算にはマニング公式というものがあります。それに降雨強度があって、U字溝とパイプの係数が。。。これ以上は専門すぎるのでこの辺でやめておきます(笑)

ともあれ近年のゲリラ豪雨でもしっかりお水が流れるように施工させて頂きましたので、安心してお使いいただけます。駐車場の奥にあるデザイン塀は駐車場と家の庭がわかれるように間仕切りが欲しいとのご要望にお応えしてお作りしました。

車の台数としては12台ほどの駐車が可能です。広くてうらやましい!
家の敷地に車に乗ったまま入っていく。広い敷地ならではの醍醐味ですね!

土間コンクリ―トの間仕切りはひび割れの防止と車がそれぞれ停めやすくなるための目印です。
白線の代わりに、白い砂利でしあがっていますので、目印に停めてもらえればと思います。

これから暖かくなって、ガーデンルームが大活躍できる季節ですので、わんちゃんと過ごしながらの読書や、プライベート空間で星空を眺めながら、ちょっとワインでもといった使い方で楽しんでもらえたらと思います。



植栽あふれるフレンチカントリーガーデン
三木市の外構、エクステリア、庭のリフォーム施工事例

三木市の外構、エクステリア、庭工事のリフォーム施工事例
































<コメント>
 お庭のご相談からスタートしました。何度も打ち合わせを重ね、フランスの田舎風なデザインがお好みという事で、デザインを考えました。フランスの田舎で多いデザインはレンガの塀に洋風瓦を使ったものが多く、19世紀あたりから風景を変えることなく、修繕を重ねている事が多いようでした。今回のデザインもわざと、古いヴィンテージなレンガを使い歴史ある雰囲気を出しています。石材も多数取り入れ、明るい雰囲気のアプローチをおり直しています。
植栽は「エクステリア風雅舎」さんとのコラボ作品です。
デザイン雑誌の表紙に載っていそうな、理想的なナチュラルガーデンができたと思います。




和モダンコンセプトなクローズ外構





















<コンセプト>
 お庭のご相談からスタートしました。水はけが悪く、雨水パイプが詰まっているなどさまざまなお悩みをお持ちでした。土間を計って見ると、全てが水平に作られていて、雨が降ると水がたまるのはうなずけました。また、雨水パイプも長年の使用で泥がたまり、詰まってたため、新しく排水を取り直してつまらないようにマスも新設することにしました。
デザインは はじめてお会いしたとき、見せていただいた理想のデザインが和モダンだっため、和モダンをコンセプトでデザインを計画しました。アプローチを和の料亭をイメージして、黒い石と白い玉砂利、茶色の乱形石などを組み合わせて、歩いていて楽しくなる通路を考えました。また、お家に遊びにこられるお客さんがインターホンを押した後、門柱横のクラッシュガラスからアプローチが少し見えるように、窓の役割として横使いをご提案しました。
お庭には凜とした水栓がちょうどダイニングからオブジェのように見えるように配置しています。
駐車場後ろの庭には柿の木があり、こちらも残す事にしました。これから植栽を少しずつ入れてもらえると、もっとよくなると思います。




和モダンコンセプトの目隠しガーデン











<コメント>
 生垣で周囲を囲むようになっていたお庭でしたが、なかなかお手入れが大変で、目隠しの効果が感じられないとの事で、リフォームのご依頼を頂きました。
お好きなデザインはモダンデザインで、家のいたるところに石が使われていました。その石のデザインに合うように考えたのが、和モダンデザインです。
フェンスと塀を融合させながら、黒いガラスタイルで装飾しました。
また、前までなかった裏口も作り、ごみ出しなどお庭〜外まで簡単に出入りできるようになりました。
お庭の中は芝生ともともとあったタイルテラスや靴脱ぎ石などのお庭でしたが、造作物はそのまま残し、芝生があった場所は土仕上げとして、お子様が砂場代わりに遊んでもらえるようにしました。


ガラスと地形を利用したシンプルモダンエクステリア












<夜のライトアップ>






<デザイナーコメント>
 中古住宅のまるごとリフォームのあと、外構のリフォームでお声を掛けて頂きました。とても、複雑な地形でデザインに可能性を感じさせて頂きました。

玄関のように思える3連の白い壁のデザインは塀昨年より温めていたもので、どこかで実現したいと願っていた所、ご希望いただけるお客様とめぐり合うことができました。ホワイトで仕上げた壁面に、立体感を感じて頂けるように工夫しました。また本来の玄関側には、ジュノングラスの窓から植栽がのぞくデザインとし、タイルはシンプルモダンなダークブラウン+ホワイトの仕上げになっております。
郵便物を階段から降りずに取ることができ、普段はさりげなくホワイトの壁にアクセントの役割を果たしています。



和とモダンが感じられるなNewエクステリア





<デザイナーコメント>
 ご新築の後に、アプローチのリフォームからお声を掛けて頂きました。
和モダンがコンセプトでスタートし、京都のとあるデザイナーズホテルの客室に施してある床デザインをヒントを得て、デザインを考えました。
庭はTOEX+Gを用いて、ダイナミックな柱と屋根を作り、タイルのテラスとし、草が生えてこないようにしながら、お子様がプールで遊んだり、ご家族やご友人とBBQができるように、カーテンも設置しました。
写真手前のタイルに穴の開いた部分はお子様の小さい間は砂場としてご使用頂き、お子様が砂場を使わなくなられたら、少し背の高い植栽をして、夏場の日陰にしようという計画で今回は施工させて頂きました。

これからガーデンライフを楽しんでもらえたら、とってもうれしく思います。


お子様が楽しく遊べる高台デッキとタイルテラス







<デザイナーズコメント>
 リガーデンのご依頼で、お子様のプールが簡単にできるお庭と、少し家庭菜園を楽しめるようにというコンセプトで設計させて頂きました。
掃き出し窓の所に設置されたウッドデッキには理由があり、デッキの下部分を収納スペースとして使えるように高足のデッキにさせて頂きました。
タイルはイタリアンタイルをご選択頂き、やわらかな雰囲気がやさしい土間を演習してくれています。高低差のある勾配地でデッキの高さとタイルの高さがうまくマッチするように、細かな計算を要しました。

ミリ単位で高さをあわせる必要があったので、完成まで気を張り詰めて施工に当たり、計算どおりの仕上がりに
することが出来ました。ブールにBBQに、家庭菜園にお庭で楽しくすごして頂けるとうれしく思います。




前のページ 次のページ  

ご相談はこちら
フリーダイヤル: 0120−39−5218

このページのTOPへ